雇用保険とは

雇用保険は以下の雇用に関する事業を行っています。 

@労働者が失業した場合に次の就職までの一定の間、生活の安定を図って

 就職活動を用意にするために『求職者給付』を行う。

A失業者の再就職の促進を図るため『就職促進給付』を行う。

B労働者の雇用の継続を図るため『雇用継続給付』を行う。

C労働者の能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進をま

 図るため『教育訓練給付』を行う。

D労働者の福祉の向上、能力の開発等を図るため『雇用保険三事業』を行

 う。

 

強制適用事業所とは

  労働者を1人でも雇用する事業はその業種や事業規模のいかんを問

ず、すべて当適用事業所となります。

ただし、当分の間は個人経営であって、常時5人未満の労働者を雇用する

次の@、Aの事業(農林水産業)は任意適用事業となります。

@ 土地の耕作、開墾又は植物の栽植、栽培、採取もしくは伐採の事業

  その他農林の事業

A 動物の飼育又は水産動植物の採捕もしくは養殖の事業その他畜産、

  養蚕又は水産の事業

※「常時5人以上」の労働者を雇用する場合は個人経営の農林水産業の

 事であっても強制適用事業となりますが、この場合の「常時5人以上」

 とは、一つの事業において雇用する労働者の数が年間を通して5人以上

 であることを言います。

 

任意適用事業所が雇用保険に加入するには

任意適用事業所が雇用保険に加入するためにはその事業所に勤める労働

者の2分の1以上の者が雇用保険に加入を希望したり、労働者の2分の1

以上の同意があれば事業主は加入の申請をしなければなりません。

この加入申請は、事業主が所轄公共職業安定所長を経由して所轄都道府県

労働局に「任意加入の認可申請」をして行います。

 尚、任意加入した事業所が雇用保険から脱退する場合には、労働者の

4分の3以上の同意が必要となります。

 

被保険者になる人とは

被保険者には労働者の雇用形態、年齢等により以下の4種類があります。                                          (法第4条1項)

※年齢等とは65歳に達した日(誕生日の前日)以後において新たに雇用

   される人は雇用保険の被保険者とはなりません。

@一般被保険者

A高年齢継続被保険者

B短期雇用特例被保険者

C日雇労働被保険者

 

@一般被保険者とは

高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者以外

被保険者をいいます。

 

A高年齢継続被保険者とは

雇用保険の被保険者であって、同一事業主の適用事業所に65歳に達した

の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されてい

る人を言います。

但し、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者は除きます。

 

B短期雇用特例被保険者とは

雇用保険の被保険者であって季節的に雇用される者、又は短期の雇用に

ことを状態とする者です。

この短期雇用特例被保険者が同一事業主の適用事業所に引き続き雇用さ

1年以上となるに至ったときは、その1年以上雇用されるに至っ

た日以後は短期雇用特例被保険者でなくなり、一般被保険者(65歳未満)

又は高年齢継続被保険者(65歳以上)となります。 

 

C日雇労働被保険者とは

日々雇用される者又は30日以内の期間を定めて雇用される者を言います。

 

パートやアルバイトで働く人次の要件の総てに該当する場合は雇用保険

の被保険者となります。

A)1週間の所定労働時間が20時間以上であること

B)同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用されることが見込まれ

  ること 

  尚、適用事業所に雇用される昼間学生は夜間等において就労しても原則と

  して雇用保険の被保険者とはしないことになっています。  

  外国人の人日本において合法的に就労する場合は在留資格を問わず

  被保険者となります。

 

雇用保険の被保険者にならない人(適用除外) 

  • 65歳に達した日以降新たに雇用される者(短期雇用特例被保険者、

    日雇労働被保険者に該当する人は除きます。)

  • 短時間労働者であってかつ、季節的に雇用される者又は短期の雇用

    に就くことを常態とする者(日雇労働被保険者に該当する人は除きます。)

  • 4ヵ月以内の期間を予定して行われる季節的事業に雇用される者

    (日雇労働被保険者に該当する人は除きます。) 

   但し、4ヵ月以内の雇用契約で雇用される者であっても、この者が所定

    の期間(当初の雇用契約の期間)を超えて引き続き同一の事業主に雇

    用されるに至った場合は原則として被保険者となります。

    【例えば、2ヵ月の雇用契約で季節的業務に雇用される者が、引き続き

    3ヵ月の雇用契約を結んだ場合は、所定の期間を超えた日(3ヵ月目の

    初日)から被保険者となります。】

  • 船員保険の強制被保険者 等

 

保険給付の種類

                給付の内容はこちらをクリックしてください。 (ハローワークのHPより)

 

    失業等給付

 

                                   

 求職者給付  就業促進給付   教育訓練給付   雇用継続給付 

                        

  一般求職者給付   高年齢求職者給付    短期雇用特例求職者給付    日雇労働求職者給付 

 

                                            

   就業促進給付

                              

  就業手当    再就職手当   常用就職支度手当

   

 

 教育訓練給付

                             

 教育訓練給付金

 

 雇用継続給付

                           

  高年齢雇用継続     育児休業給付     介護休業給付